morinokobito77’s blog

「漢字」と「かな」の面白さ

日本、「ニホン」と「ニッポン」どっちが正しい?

 

「日本」は「ニホン」と「ニッポン」どっちの読み方がが正しいと思いますか。

どっちも正しいのです。

 

簡単に言うと

この「日本」という国名が出てきたのは大宝2(702年)第7次遣唐使の頃です。

それまでの日本の呼び名は「倭」とか「倭国」と呼ばれてました。

 

大宝元年には天皇中心の中央集権国家体制を作るための「大宝律令」という日本で始めての法律といわれるものもできました。

 

この頃の「日本」の発音は「ニチポン」または「ジツポン」でした。

(「ニチ」は呉音で「ジツ」は漢音です。)

 

つまり「ニチポン」→「ニッポン」

   「ジツポン」→「ジッポン」の二つが一番古い呼び方でした。

この頃の文章は全部漢字でした。

 

平安時代になり、「ひらがな」ができます。しかし、ひらがなには「促音(小さい「っ」)」や「半濁音(ぴゃ、ぴゅ など)」の表示がありませんでした。

そこで「ニッポン」のひらがな表示は「ニホン」になり、発音も「ニホン」がでてきます。そう、「ニホン」は新しい呼び名、それも間違った読み方でした。

 

「日」には「にち」「じつ」「ひ」「か」などの読み方はありますが「に」という読み方はないのです。「日本」のときだけ「に」と読みます。

 

この後、「ジッポン」が消えて「ニッポン」と「ニホン」だけがが残ったというわけです。

 

1934年(昭和9)「ニッポン」に統一しようという閣議決定はありましたが成立し

          ませんでした。

2009年(平成21)政府は国会で「統一の必要なし」と答弁してます。

           (麻生太郎総理大臣)

 

読み方はどちらでもいいのですが、固有名詞ははっきりしているものが多いです。

日本銀行「ニッポンぎんこう」、日本航空「ニッポンこうくう」

日本経済新聞「ニホンけいざいしんぶん」、日本大学「ニホン大学」

 

日本銀行は1885年(明治18)にできましたが、このときに政権を握っていたのが薩摩と長州だったので「ニッポンぎんこう」と読ませたという説があります。

大阪の「日本橋」は「ニッポンばし」、東京の「日本橋」は「ニホンばし」のように関西は「ニッポン」で関東は「ニホン」が多いとかで。

 

また、歴史の途中で消えた「ジッポン」は中国に渡り、中国人からの、日本に来た事もないマルコポーロの又聞きで「ジパング」になり、最終的に「ジャパン」(JAPAN)になった。とか???

 

現代の日本では2003年の調査ではどちらを使うかでは「ニホン」が61%、「ニッポン」が37%と「ニホン」派が多くなってきてるようです。でも、オリンピックなどで応援するときは「がんばれニッポン!」が多いでしょう。

「ニホン」はやはり平安時代のなよなよしい感じがあるのでしょうか。それよりも何でも受け入れる日本人の柔軟性と私は考えたいですがね。あなたはどう思いますか。

 おわり

 

f:id:morinokobito77:20171118153818j:plain

 

いつもの会話

(かしこい女房)「あなた!今日の晩酌は「ニホン酒」にする?それとも

         「ニッポン酒」にする?」

(やど六)  「????なんか怪しいな。・・」

       「それじゃ無難に「ニホン酒」でいいや。」

      <出てきた酒の徳利が小さい!>

(やど六)  「いつもの徳利よりやけに小さいじゃねえか?」

(かしこい女房)「そういつもの量を半分にして入れたの。今日はそれだけ。」

(やど六)  「詐欺!ペテン!」

        

 

 

 

「々」はなんて読むの?

 

日本語の文章には不可解な文字が時々出てきます。しかし、子供のころから見慣れ、聞きなれている健聴な日本人は不思議に感じません。初めて日本語を勉強する外国人、ろう者(ともに第2言語学習者)にとっては難解なものです。

 

たとえば「々」の字です。

なんと読むのでしょう?何画の漢字なのでしょう?3画かな?

漢和辞典を引いてみましたが載ってません。漢字ではないの?

 

でも「日々(ひび)」「近々(ちかぢか)」「個々(ここ)」などの漢字はあるよね?

実は「読み」はないのです。いや正確には「読み方」はあるのです。

?????

頭がこんがらかってきたようですので正解を。

「々」は日本文字表記で使用される約物(やくもつ)の1つです。

(よけいに解らなくなった?)

   「約物」・・言語の記述に使用する記術・記号類の総称。特殊記号

約物「々」の記号の名称は「同の字点」(どうのじてん)です。

「同」の別字体「全(本当は「王」でなく「工」)」が変化とも、「二の字点」の変化とも言われてます。字形から俗に「ノマ」とも呼ばれます。

 

同じ漢字を重ねる時に2文字目以降の文字の代用として用いられます。

したがって、普通は前の文字と同じ読み方になります。(濁音化することもあります)

「日々(ひび)」「近々(ちかぢか)」「個々(ここ)」

などです。

でも「云々(うんぬん)」という読み方もあります。これは、話は逸れますが「うん」の先の「ん」があとの「う」に影響して「うんぬん」と発音します。言語学上では「連声(れんじょう)」といいます。他に「観音」(かんおん)→(かんん)などがあります。

 

約物のはなしに戻りますが、ほかには「一の字点」「二の字点」「くの字点」「のの字点」「庵点(いおりてん)」などがあります。またこの話は次の機会にしましょう。

 

最後に、一番有名な約物は「句読点」「括弧」などです。

(なに?これを先に言ってくれればいいのにってですか。ごめんなさい。)

 

f:id:morinokobito77:20171114091513j:plain

 

いつもの会話

(宿六、掃除機をかけながら)

  「なんでおれ日々掃除なの?。。ぶつぶつ。。」

(女房、テレビ見ながら)

  「云々いってないで早くしなさい。あんたが買ってきた掃除機でしょう?。」

(宿六、涙目)

  「苦々苦々。。はぃはぃ(81)。」(新語?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はかる」のはなし

 

日本語の「はかる」という言葉を漢字で表すといろいろあります。

いわゆる「異字同訓語」(読み方は同じでも漢字の違う和語のこと)です。

さて、あなたは次の「はかる」の漢字がいくつ書けますか。挑戦してみてください。

(答えは「うちの宿六の独り言」のあとにあります。)

問題 

 ① 分量をはかる

 ② 便宜をはかる

 ③ 水深をはかる

 ④ 審議会にはかる

 ⑤ 数量をはかる

 ⑥ 密告をはかる

ということで、これだけ「はかる」と読む漢字が多いのはなぜなのかという疑問に

つきあたります。

ここからはまったくの私論ですが、漢字が伝来するまえから

日本人が発音していた「ハ行」に原因があるのではないかと推論します。

「ハ行」はもともと「バ行」でした。

(おいとあんたをすいとるとよ。(博多弁))

次に「ワ行」に移行

(私(「わ」と発音)あなたが好きです。)

このように、日本語の「ハ行」は変化してきたのです。

学問的に言うと「ハ行転呼」と言うらしいです。

というか、古代の日本人が一番多く発音していたのが「ハ行」ではないかというのが

私の推論です。卑弥呼あたりはどんな発音をしていたのか興味が湧いてきます。

 

                 f:id:morinokobito77:20171111102218j:plain

 

<うちの宿六の独り言>

 「遭う」「会う」「合う」

(宿六)「異字同訓語ね~。でも俺にとっては全部同じなんだけど。」

     (結婚で恐妻に遭う(失敗した結婚))

     (家ではいつも恐妻に会う(つい目をそらす))

     (俺には恐妻が合う(いじめられるのが好き))

(妻) 「あなた!きょうはゴミの日よ!」

(宿六)「はい。すぐ持ってきます。・・」

 <????解説不能> 

 

①量る ②図る ③測る ④諮る ⑤計る ⑥謀る

 

 

「たくさん」と「いっぱい」のちがい?

「たくさん」も「いっぱい」も何か物の数や量がたくさんあるイメージですが、何が違うのでしょうか。

たとえば

〇「たくさんの人でごったがえす。」

〇「たくさんの本を読む。」 ×「いっぱいの本を読む。」

〇「お腹がいっぱいだ。」 ×「お腹がたくさんだ。」

〇「お酒はもうたくさんです。」 ×「お酒はもういっぱいです。」

〇「両手いっぱいのお菓子」 ×「両手たくさんのお菓子」

 

どうも使い方に違いがありそうです。

「たくさん」ははっきりした前提はなく感覚的に多い様子。

「いっぱい」は何か容器か器のようなものを前提にして使っているような。

こう考えると前の例文の違いがなんとなく納得できそうな。

たとえば野球の試合で

「野球ドームいっぱいのお客さん」と「野球ドームにたくさんのお客さん」では

前文は観客で満席かそれに近い状態。後は観客はたくさん来たけれど満席でないかもしれないし、主催者がそう思っているだけかもしれないですね。

 

なんとなくご理解いただけましたか。

 

また「いっぱい」には容器が充満するという以外に

「今夜いっぱい(一杯)やろうぜ。」(飲酒の勧誘)

「これで精いっぱいだ。」(限度であるさま)

「この仕事は今月いっぱいかかります。」(所要時間)

「あいつにいっぱくわされた。」(欺く)

などがあります。

日本語を母語とする人たちはこの違いを無意識のうちに判断して使ってますが日本語を第2言語として学ぶ人たちには難しいことでしょうね。

まわりに

「3と5はどちらがいっぱいか?」

とか「新幹線と飛行機の利用料金はどちらがいっぱいか?」なんて使う外国の人がいそうですね。

きょうはここまで。

 

 

(おれ女房に向かって)「もっといっぱい小遣いがほしい。」

(女房)「わかった、財布出しなさい。10円玉で財布いっぱいにしてあげるから。」

(おれ)「???」

 

f:id:morinokobito77:20170709135405j:plain

 

 

「鵲」てどんな鳥?

七夕についてもう少し。

古来より七夕の夜は織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が一年に一度会える夜です。

織姫はこと座の星「ベガ」、彦星はわし座の「アルタイ」です。たまには夜空を見上げてこの2つの星をさがして見ませんか。

 

まず、夜の9時ころ南東の空を見上げてください。頭の上を見上げるようなところに明るく輝く星がすぐ見つかります。それが織姫の星「ベガ」です。その下をよく見るとかすかに明るい星の帯「天の川」が見つかります。その川の下に明るい彦星「アルタイ」が見つかるでしょう。

 

ついでに、「ベガ」と「アルタイ」を結んでこれを一辺として三角形を書きます。するとこの二つの星の左の天の川の中にもうひとつ明るい星があります。これが白鳥座の「デネブ」です。これが「夏の大三角形」といわれるものです。

 

ところで、織姫と彦星はどうやって天の川を渡るかご存知ですか?

天帝が二人を合わせるため天の川に橋をかけてあげるのです。この橋を渡って逢うのです。どんな橋をかけるかというと。「かささぎ」という鳥のつばさを連ねて橋を作るのです。

 

ここまでくれば表題の「「鵲」てどんな鳥?」がお解かりになったと思います。

そうです。「鵲」は「かささぎ」という鳥です。中国では吉兆の鳥として結婚式などには良縁の象徴とか。

日本では多くが九州地方と北海道、新潟、長野の一部で繁殖が確認されてます。

最後にこの橋を渡るのは織姫、彦星?さてこれはあなたが考えてください。

 

 

(女房がいそいそと出かけそうな様子)

(おれ)「どこに行くんだ?」

(女房)「学校のPTA会よ。」

(胸にカササギのブローチ、濃い目の化粧)

(おれ)「????」

 

f:id:morinokobito77:20170706090014p:plain  

f:id:morinokobito77:20170706090044j:plain

 

 

 

「宇宙」(うちゅう)

もうすぐ7月、七夕が近づいてきました。この日になると普段は夜空を見上げたことのない人もつい織姫、彦星のいる天の川を探してネオンで明るい東京の空を探してしまいます。

「宇宙」という漢字は小学生にあがる前の子供でも知っているくらいです。最近の親は自分の子供に珍しい名前をつけたがるから「宇宙」という名前を持った子供もいるかも知れません。(読み方:そら、かなた、こすも、せかい・・)

それでは、「宇宙」という言葉はいつごろからあるかというと、紀元前の中国の春秋時代のころから使われているらしいです。

前漢武帝のころの思想書「准南子(えなんし)」に

「往古来今(おうこらいこん)これを宙といい、四方上下これを宇という。」つまり時間と空間をあわせた全世界のことなのです。

 

日本では「日本書紀」に「スサノオノミコト乱暴すぎて宇宙を追い出された。」との記述があるそうです。

江戸時代にも仏教用語の「世界」と漢語由来の「宇宙」は同じような意味で使われていたようです。

明治に西洋文明がはいってきてやっと現在の科学技術用語としての「宇宙」が確立していったものらしいです。

 

ではその「宇宙」の広さの一端を

たとえば、太陽系の広さ。もし後楽園にある野球の東京ドーム(約110メートルの球)を太陽の大きさをとすると

水星・・品川にある40センチの球

金星・・大井町にある95センチの球

地球・・大森にある100センチの球

火星・・川崎にある50センチの球

木星・・平塚にある11メートルの球

土星・・富士山にある9メートルの球

となるそうです。これ以外はまったく何もない空間です。いかに宇宙は広いかがわかります。

宇宙の話のつづきはまた次の機会に、きょうはこのへんで。

 

 

(ある晩、そっと出かけようとするおれに)

   女房「あんたどこへいくの?」

   おれ「ちょっと宇宙にいってくら。」

   女房?????

注釈:どうもこの男はキャバレーの天井で回っているミラーボールを「宇宙」と認識しているらしい。

 

f:id:morinokobito77:20170628104525j:plain

 

 

 

 

蜃気楼(しんきろう)と蛤(はまぐり)

富山湾などによくでる蜃気楼(しんきろう)。原因は空気の逆転層を通る光の屈折がなせる業らしい。

同じ蜃気楼でも3種類あるという。

 上位蜃気楼・・水平線の下の物体が上に見える。

 下位蜃気楼・・浮き上がって見える。浮島現象、砂漠の蜃気楼。

 側方蜃気楼・・横に同じものが見える。八代湾の不知火(しらぬい)

 

それではなぜこれらの現象を「蜃気楼」と言うかと言えば「蜃気楼」の「蜃」の字はもとももと「おお蛤(はまぐり)」のことらしい。

中国には昔から、蜃(おお蛤)があくびをするとその吐いた気から空中に楼閣などの幻を作り出すと信じられていた。それでこのような現象を「蜃気楼」と呼んだというわけ。

 

ところで「蜃(おおはまぐり)」も「蛤(はまぐり)」も貝なのになぜ「虫」編なの??

そういえば「虫」編のつく生き物は

「蛇(へび)」「蛙(かえる)」「蠍(さそり)」「蟹(かに)」「蜆(しじみ)」・・・などなど

いっぱいある。なぜ?

それは、昔から中国では動物を外見で大きく「鳥」「獣」「魚」の3つに分け、そのどれにも当てはまらない動物を「虫」と呼んでいたので「虫」編のつく生き物ができた。

 

ちなみに下の者をさげすんで言うときに使う日本語の「むしけら」もここからきているものと考えられる。

しかし、動物でもないものに「虫」編がつくものもある。雨上がりの空に出る「虹(にじ)」??。この話はまた次の機会に。

 

 

(女房)おまえさん、今晩は「赤貝」と「蛤」どっちがいい?

(おれ)さいきん腹いっぱいだからもう結構!

(女房)????

 

f:id:morinokobito77:20170624093857j:plain